On-boarding East Asia Today!(東アジアの人々をCatalystに連れてこよう!)

数十億の人口にもかかわらず、ローカライズされたコンテンツが不足しているため、Catalystでは東アジアでは過小評価されています。私たちは、東アジアのできるだけ多くの言語でCatalystのドキュメントと提案を翻訳する翻訳パイプラインを設定することを提案します。

Challenge: Multilingual resources

Catalyst Proposal Badge

予算 (USD): $12,500

問題点

数十億の人口にもかかわらず、ローカライズされたコンテンツが不足しているため、Catalystでは東アジアでは過小評価されています。

解決策

東アジアのできるだけ多くの言語でCatalystのドキュメントと提案を翻訳する翻訳パイプラインを設定します。

関連する経験

Catalyst Swarm、Eastern Townhall、CatalystSchoolの共同創設者。 IT&ソフトウェアエンジニア。東アジアと日本の教育者と会計士。

詳細計画

東アジアと東南アジア地域は、文化的および言語的に多様な国々を結びつけています。これらのコミュニティの人々は、Cardanoエコシステムに参加することに興奮しています。人口は16億人もいますが、Catalystは東アジアおよび東南アジア地域からの提案をほとんど見ていません。

現在の問題と制限

東アジアと東南アジアの地域では、英語は日常的に話されておらず、地域の言語のウェブが使用されています[1]。

English Proficiency Index: www.ef.com/epi

言語の壁はCatalystへの参加を減らします。これは、この地域でのカルダノの採用と有用性の潜在的な成長を制限します。私たちはこれを経験し、私たちのコミュニティからこれを聞いています。Cardanoには、私たちのストーリー、エネルギー、そしてCardanoを使用して経済的幸福を高める方法についての見方が欠けていることを私たちは知っています。

提案されたソリューション:翻訳パイプラインと自動化

私たちの目的は、コンテンツ翻訳の合理化されたプロセスを構築および文書化し、ローカライズされたコンテンツの開発を開始することです。 Git、Hugo、GithubActionsを使用して簡単な翻訳パイプライン[2]をすでに設定しています。 Crowdin [3]、Lokalize [4]、PoEditor [5]、GitLozalise [6]などのいくつかの翻訳サービスをEasternTownhallでテストし、整理して経験を積むのに役立てています。

私たちの最初の目的は単純です。半自動システムを使用して、既存の多くのCardanoおよびCatalyst資料を東アジアおよび東南アジア地域の多くの言語に翻訳することです。経験を積み、コミュニティを構築する。私たちが何をどのように行うかを文書化します。

半自動システムとは、機械翻訳を意味するものではありません。機械翻訳は出発点として役立ちますが、専門用語が難しく、自然に読めません。人間による翻訳には常にわずかな利点があります。半自動化されたシステムとは、翻訳のために作品をキューに入れる機能を指します。これには、機械翻訳サービスを介した作品のフィード、誰かによる作業、レビュー、公開が含まれる場合があります。

Kubernetes SIG Docs group [7]によって確立された優れたローカリゼーションドキュメントプロセスを採用および拡張して、サポートを開始します。さまざまな技術スキルと私たちが取りたい将来の方向性に対応するためにプロセスを適応させます。

ワークストリーム

機能的で持続可能な翻訳パイプラインを確立するために、私たちはすでに開始した作業の開発を支援するための初期資金を求めています。資金は5つのワークストリームをカバーします:

  1. 翻訳サービスの評価とそれらの統合:Git、Github、Ideascale、およびCardanoFoundationのMarkdownベースのドキュメント作成の取り組みとの統合。
  2. 翻訳パイプラインの設計、構成、テスト:目標は、追跡が容易で、最小限の監視しか必要としない小規模なプロセスを導入することです。
  3. 翻訳プロセスの文書化とチュートリアル資料の開発:Kubernettes SIG Doc [7]プロセスを採用および拡張して、私たち自身のニーズに対応します。将来の翻訳者をオンボードするためのローカライズされたチュートリアルコンテンツの開発。
  4. トレーナーのトレーニング:Eastern Townhallメンバーとのトレーニングセッションを、他のメンバーをトレーニングできるように、プロセスの能力レベルまで実行します。
  5. 翻訳:ワークフローを理解するには、実践的な調整と経験が必要になります。私たちは、Catalystガイド、コミュニティアドバイザー、投票者教育、および私たち自身の資料を翻訳することを目指しています。それには、言語ごとに時間と労力がかかります。

規模の拡大:学ぶために稼ぐ

真の規模を実現するには、翻訳とローカリゼーションの標準、自動化、スキルを開発して、ローカリゼーションをより広いCardanoコミュニティにアウトソーシングできるようにする必要があります。翻訳とローカリゼーションを行うことは、Cardanoやさまざまなコミュニティにより深く関与する方法として機能します。翻訳とローカリゼーションの作業を行う、つまり学習と稼ぎです。翻訳とローカリゼーションの仕事をして評判を築き、ADAを獲得します。 Cardanoブロックチェーンでメタデータ、ネイティブアセット、非代替トークン(NFT)、機械学習、Atala Prismを活用して、言語と文化の到達範囲を提供する未来が見えます。ただし、最初はシンプルに開始めるだけです。

コラボレーション

コンテンツの翻訳とローカリゼーションは、CardanoとCatalystで活動している多くのグループに共通する一般的な問題です。この作業を単独で、または排他的に行う予定はありません。Eastern Town Hallでは、私たちは多くの言語と文化を管理する最前線にいます。私たちの計画は、自身の目的のために実践と自動化されたプロセスを開発し、それらを広く共有することです。私たちが学び、行うことはすべて、Cardanoのエコシステム全体に情報を提供することを願っています。

成功したらどうなるか

短期的には、Eastern Townhallは、Catalystプロポーザルが完成したときに、それらを翻訳してホストすることができます。アジア地域の4つの初期言語に翻訳されています。資金提供を受けたプロジェクトレポートも統合され、翻訳されています。また、CardanoおよびCatalystの主要なドキュメントとガイドの翻訳をしています。

中期的には、翻訳言語を拡大したいと考えており、Cardanoエコシステム全体で他のグループと積極的に協力してこの作業を行っています。

長期的には、Cardanoネットワークを調整バックボーンとして使用して、ドキュメント、ビデオ、ポッドキャストなどの翻訳と解釈のための分散型ワークフロー全体を確立します。CardanoエコシステムシステムにADAを搭載して獲得する最も簡単な方法の1つは、資料の翻訳、転写、または解釈をサポートすることです(大きな夢を見ても害はありません!)。

主要業績評価指標

Eastern Townhall の計画、編成、文書化にGitとGithubを使用しているため、指標はGithubのアクティビティとエンゲージメントから導き出されます。

主要な指標:プロジェクト速度[8]。Githubから取得したコミットとプルリクエストの基本アクティビティ指標の組み合わせとして定義されます。

アクティビティメトリクス:Githubにプロジェクトアクティビティとしてキャプチャされ、ケイデンスドキュメントが追加され、翻訳の速度が向上します。

コミュニティメトリクス:Cardanoエコシステムで私たちの仕事がどのように広まり、使用されているかを測定するための、Eastern Townhall ウェブサイトの4つのカテゴリ[9]に分類されたエンゲージメント行動。

1か月後:

  • Eastern Townhall のウェブサイト情報アーキテクチャが開発されました。
  • 最初のWebサイトの主要コンテンツが特定され、Markdownに移植されました。
  • Eastern Townhall のウェブサイト全体が翻訳されています。

3か月後:

  • GitPullリクエストによって駆動される半自動翻訳パイプラインを確立しました。
  • 翻訳を簡素化する手段として、さまざまな翻訳サービスを評価およびテストしました。
  • 最初の翻訳プロセスを文書化し、トレーナーをトレーニングしました。
  • ビデオ字幕を含むように翻訳のフォーマットを拡張しました。
  • スキル、言語、および帰属/貢献の追跡のためにNFTを発行します。

6ヶ月後

  • 翻訳を行うために、Cardanoコミュニティのより多くのメンバーをオンボーディングします。
  • コアセットにさらに2つの東半球の 言語を追加しました。
  • チュートリアル資料(ドキュメントとビデオ)は、新しい寄稿者と言語のオンボーディングを支援するために開発および翻訳されています。

12か月後:

  • すべてのCatalystプロポーザルと資金提供プロジェクトは、作成されてから数日以内に翻訳および公開されます。
  • コア言語セットを拡張して、東半球の10言語を含めました。
  • プロジェクト/チーム/企業は母国語で視聴者にリーチしたいので、翻訳プロジェクトは自立しています。
  • Cardanoエコシステムは、ドキュメント管理とその翻訳に関する同様の標準を中心に融合しています。

ライセンス

すべてのソースコードは、MITなどの無料のオープンソース(OSI)ライセンスの下でライセンスされ、寄稿は特許なしで寄稿する必要があります。コントリビューターは、コントリビューターカバーナント[10]に同意する必要があります。

公開されたコンテンツは、Creative Attribution-Non-Commercial-ShareAlike International (CC BY-NC-SA) License v4.0の下でライセンスされます。メタデータの仕様は、Creative Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 International (CC BY-ND 4.0)ライセンスの下で公開されます。文書の識別と出所に関する該当するメタデータ仕様は、Cardano改善提案としていつどこで提出されます。

コード、ドキュメント、プロジェクトアクティビティは、Githubまたは将来的には同様のサービスで利用できるようになります。

予算

要求されたファンド6の予算は、3か月と6か月の費用の賃金です。資金の50%は、私たちがすでに行っている作業と費用をカバーするために遡及的に使用されます。

  • 翻訳サービスの評価/統合:1200米ドル
  • ワークフローの自動化:3000米ドル
  • プロセスドキュメント: 2200 米ドル
  • トレーナーのトレーニング:850米ドル
  • 翻訳:1250 米ドル
  • プロジェクト管理(%8): 1000米ドル
  • ソフトウェアサービスとサーバー:3000米ドル

ソフトウェアサービスおよびサーバーの料金($ 500 x6か月= $ 3,000)には、翻訳を合理化するために翻訳サービス(月額$ 140USDから$ 240USD)を使用する費用が含まれています。 Github;ウェブサイトホスティングと翻訳に必要なサーバー。

この資金は、翻訳パイプラインの設定とテストにのみ関係します。 CatalystまたはEasternTownhallの活動に資金を提供する他の手段のいずれかを通じて、3か月を超えて作業を継続するために追加の資金が要求されます。

チーム

共同作業により、チームはカルダノに豊富な文化的および技術的経験をもたらします。私たちは皆、Catalystや、エコシステム全体のコミュニティグループで非常に積極的に活動しています。私たちはカルダノの約束によって団結した多様な集団です:

Yuta Yuta (@yutazz)-日本:カルダノオフィシャルアンバサダー、コミュニティ共同オーガナイザー、Catalyst Fund 2受領者、公認会計士。

Yan Tirta (@yantirta)-インドネシア:カルダノインドネシアのコミュニティラングラーが、地元のコミュニティに教育と励ましを与えています。

Mie Tran (@ mie.tran.0407)-ベトナム:英語および国際ビジネス専攻で、欧米のビジネスおよび翻訳の経験があります。

Andy Sibuea (@zicozibu)-インドネシア:暗号通貨を超えてインドネシア全体でブロックチェーン教育をリードしています。

ティムオブライエン(@tobrien)-ベトナム:ノーコードパイオニア。東アフリカ市庁舎(EATH)のファシリテーター。

Greg Bell (@grebel)-オーストラリア:ITコンサルタント、CatalystChallengesの執筆。

Seomon Blub (@seomon)-オーストリア:持続可能なコミュニティのためのピープルウェアインフラストラクチャに焦点を当てたITコンサルタント。

Robert O’Brien (@wolstaeb)-ニュージーランド:金融システムソフトウェアエンジニア、コミュニティ共同オーガナイザー、起業家。

Stephen Whitenstall (@swhitenstall)-イングランド:Catalystを追跡および文書化します。 CatalystCircleやCatalystSwarmなどのコミュニティの組織化を支援します。

Felix Weber (@felixweber)-フランス:コミュニティマネージャーが人々の間に架け橋を築きます。 T&M Catalyst Circle / Swarm / Schoolのメンバー。

チームは、最初のイースタンタウンホールの信頼できるシードを代表しています。役割もリーダーもありません。むしろ、人々は参加を通じて、時間をかけて自分自身を確立します。私たちは、Catalyst Swarm [1]、Catalyst School [2]、およびアジア全体の他のコミュニティグループと重複して協力しています。

References

[1] English Proficiency Index

[2] Eastern Townhall Catalyst Fund 6 Work

[3] Crowdin

[4] Lokalize

[5] PoEditor

[6] GitLozalise

[7] Kubernetes SIG Docs group

[8] Project Velocity

[9] Community Metrics

[10] Contributor Covernant