これは、このセクションの複数ページの印刷可能なビューです。 印刷するには、ここをクリックしてください.

このページの通常のビューに戻る.

Eastern Town Hall Proposals

TODO - Customize site navigation and search here.

このインデックスページはまだ更新されていません。これはファンド6セクションのCatalyst提案です。ファンドごとに更新されます。

1 - 東アジアを育て、カルダノを育てる

東アジアのカルダノエコシステムを包括的で多様かつ支援的な方法でどのように成長させるのでしょうか。私たちがアフリカで行うのと同じように、焦点を絞ったイニシアチブと実装!

チャレンジ: ファンド7チャレンジ設定

Catalyst Proposal Badge

要求額(USD): $ 250,000

チャレンジクエッション:

包括的で多様かつサポーティブな方法で、東アジアのCardanoエコシステムをどのように成長させますか?私たちがアフリカで行うのと同じような、焦点を絞ったイニシアチブと実装です!

どうしてそれが重要ですか?

Cardanoコミュニティは、北米とヨーロッパに大きく拠点を置いています。他の場所で成長するには、コミュニティとしてのサポートとイニシアチブが必要です。

成功するとどのような未来が見えますか?

私たちのエコシステムを成長させるために集まってチームを形成するアジアからの、またはアジアとのつながりを持つ幅広い人々。

測定する主要なメトリック

この課題の最後に、開発されたソリューションのクオリティに関するいくつかの指針となる問いを、自問します。

  • ProjectCatalystの東アジアの参加者からの提案の数
  • 東アジアのチームから発信された資金提供された提案の量と質。
  • 資金提供されたプロジェクトの観察された影響(KPIを満たす)。
  • CardanoコミュニティとCatalystチームへの東アジア居住者の参加を増やしましたか?
  • 勢いとエンゲージメントの代用手段として、デイリー/マンスリーアクティブウォレット(DAW / MAW)が増加しましたか?
  • 東アジアに拠点を置くステークプールとステークプールオペレーターの数を増やしましたか?

また、提案の質について具体的な質問をします。

  • 東アジア全体にCardanoソリューションを展開する際の微妙な違いを理解するのに役立つ資金提供を受けたプロジェクトの進捗状況、失敗、または成功についての良いフィードバックはありますか?
  • ソリューションの新規性と適切性は何ですか?
  • 東アジアでCardanoを使用している人々の生活を改善するために順調に進んでいますか?
  • 提案のパフォーマンスを測定するために、社会的および環境的影響評価が使用されましたか?
  • Catalystの範囲を超えた提案の持続可能性とは何ですか?

チャレンジブリーフ

アフリカと同様に、ブロックチェーンとCardanoネットワークに関する東アジアの一般の人々の意識レベルを高めることは、Catalystコミュニティの優先事項であるはずです。このチャレンジでは、Cardanoについて学んだ人々がコミュニティのサポートを活用し、Cardanoネットワークを構築または使用するための資金を提供します。

この課題に対する提案の性質は自由です。彼らの唯一の要件は、東アジアを起源とするか、それに焦点を合わせ、東アジアのチームメンバーを含めるか、東アジアの参加者に焦点を当てることです。

たとえば、ステークプールの圧倒的多数は北米とヨーロッパにあります。ステークプールが世界中に均等に分散されている場合、Cardanoネットワークはより回復力があります。 Catalystコミュニティは、ステップアップして意図的にそれを実現する必要があります。

Cardanoは東アジア(日本と香港)で始まり、Emurgoは東アジアに焦点を当てています。その上に構築しましょう。

このプロジェクトは何ですか?

Cardanoコミュニティの認識能力を活性化し、世界をより良い場所にするための行動の呼びかけです。東アジアはカルダノを採用するための肥沃な土地です。若くて発展途上国のプロジェクトは経済的慣性に直面していないため、投資収益率(ROI)は高くなる可能性があります。

資金調達の課題を通じて世界のさまざまな地域に直接かつ意図的に取り組むことで、私たちのコミュニティはよりアクセスしやすくなります。それは私たちをより弾力的にします。それは私たちが私たちの生態系を構成するコミュニティのニーズを学び、理解するのに役立ちます。

成果を上げるための投票が必要なビジョンです。チャレンジが成功すると、受益者はCardanoコミュニティ全体になります。それは、私たちの偏見を塞ぎ、私たちの多くが生まれてきた恩恵を欠いている善良な人々に私たちの目、心を開き、特権的な状況が少ない他の人々が立ち上がって成功できるようにするための呼びかけです。

チャレンジチーム

この提案は、チャレンジチームを含めることを目的としています。残念ながら、提案者のチャレンジには、提案がレビューされる前にチャレンジチームを完全に形成する時間がありませんでした。可能であれば、投票を開始する前にそのチームの編成を支援する予定です。

次の個人がチャレンジチームに参加することを申し出ました。

チャレンジチームの役割は、Catalystでチャレンジを管理することです。つまり、チャレンジを提示し、進捗状況を追跡し、チャレンジが解決されたかどうかについての視点をコミュニティに報告します。

そのチームの一員になりたい場合は、コメントでお知らせください。

謝辞

この提案は、@ grebelと@archangelbobによって提案されたGrowAfrica 、Grow Cardanoのコピーであり、現在、多くのCatalystチャレンジの1つです。

2 - Eastern Townhall Team Operation(東半球タウンホールチーム運営)

東部時間帯に住んでいて、言語が英語でない場合、Catalystへの参加は困難です。イースタンタウンホールは、イベントやコンテンツの翻訳で東の国をサポートするために資金提供されることを提案します。目的は、各ファンドの参加者を20%増やすことです。

チャレンジ: バリューオンボーディングチャレンジ

Catalyst Proposal Badge

要求額(USD): $ 10,000

問題文

東部時間帯に住んでいて、言語が英語でない場合、Catalystへの参加は困難です。

問題の解決策を説明してください

Eastern TownHallは、イベントやコンテンツの翻訳で東の国をサポートしています。目的は、各ファンドの参加者を20%増やすことです。

関連する経験

Catalyst Swarm、Eastern Townhall、CatalystSchoolの共同創設者。 IT&ソフトウェアエンジニアリング。東アジアと日本の教育者と会計士。

詳細計画

イースタンタウンホールは、東半球とアジア全体でカルダノを成長させるコミュニティ主導のイニシアチブです。私たちは真にグローバルな経済と社会を構築したいと考えています。私たちの焦点は、困難を可能にすることにあります。場所、時間、そして空間:

  • 私たちは知識を構築し、情報を共有し、相互につながり、サポートすることができます。
  • 言語と文化は参加の障壁ではありません。
  • 地域のニーズに対応するために、テクノロジーとコミュニティを適用する方法を学びます。
  • カルダノを使用して経済的幸福を高める方法を示します。
  • 私たちのストーリー、エネルギー、そして視点でカルダノのエコシステムを豊かにしてください。

東半球、東および東南アジア地域は、文化的および言語的に多くの国々を結びつけています。 16億人以上の人口を抱える私たちの目標は、カルダノを成長させることです。

現在の問題と制限

イースタンタウンホールは、個人とグループが協力して取り組んだ結果です。それぞれが独自の品質をもたらします。私たちはカルダノコミュニティ内およびその周辺で交流し、個人やプロジェクトをProjectCatalystにリンクすることに重点を置いています。しかし、これには時間と労力がかかり、費用がかかります。利用できる資金のプールがないため、達成できることは限られています。

提案された解決策:資金のプール

世界中の聴衆にリーチするということは、彼らがいる国、彼らの言語、そして彼らの文化で人々に会うことを意味します。

私たちはカルダノエコシステムの積極的な一部です。私たちの基本的なイベントは、毎週開催されるイースタンタウンホールです。しかし、私たちはもっと多くのことをしています。

  • 私たちは知識とコンテンツをできるだけ多くの文化にアクセスできるようにします。
  • コミュニティのメンバーが集まるさまざまなイベントを開催しています
  • 過小評価グループへの架け橋
  • 地域の視点を統合して、Catalystコミュニティを充実させます。と
  • 私たちは聞きます!私たち全員が理解するのに役立つ意見やデータを収集します。

私たちは翻訳を行い、コミュニティを構築し、知識を共有し、起業家を可能にし、カルダノを成長させています。

コストのかかるすべてのことを行うので、イースタンタウンホールの取り組みを維持するためには、すでに行っていることに余分な労力を加えない方法で資金を確保する必要があります。

この提案は、Eastern Townhall Trusted Seedによって管理される資金のプール(財務)を形成および維持することに関するものです。私たちの裁量で使う資金のプール。財務省は、経費を賄い、東部市庁舎の努力を成長させ、維持するために使用されます。翻訳賞金などの費用。コンテンツの制作; Zoom、Github、HackMD、Statbotなどのオンラインサービスサブスクリプションの支払い。東部市庁舎の組織化に関連する活動の支払い。

簡単に言えば、この提案はコミュニティグループを組織するための資金に関するものです。特定のCatalyst提案のオーバーヘッドなしに、オンデマンドで必要な資金を提供するリソースと分散サポート構造を確立します。

その見返りとして、私たちは私たちの活動と費用に関する財務諸表を報告することを約束します。協力者を見つけることができる限り多くの言語に翻訳されています。私たちの目的は、DAOの財務管理[3]レポートのパイオニアとプロトタイプを作成することです。それは小さな問題ではなく、資金の共有プールを管理することは、コンプライアンスの複雑さをたくさん伴います。報告の取り組みは、原則としてindex.coop [4]およびFWB [5]によって行われている作業と同様です。ほとんどのDAOはまだこれを理解しており、ベストプラクティスはドラフトでさえないので、これを解決するのを手伝ってください。

東部市庁舎がどのように支出し、資金を配分しているかを知ることは、将来の資金を引き付けるのに役立ちます。協力者が私たちと協力する機会を特定するのを手伝ってください。

東半球全体でより多くの人々に拡大し、リーチするのを手伝ってください。

KPIの測定方法と目標

対象国のコミュニティのファンドごとに、提案者・有権者・顧問の数に関するアンケートを実施します。目標は、今後6か月で各ファンドの参加を20%増やすことです。ベースラインの例として、CatalystFund6提出フェーズ分析[6]に関する作業を参照してください。

KPIに到達するためのアクティビティ

毎日:Catalystに関するコミュニティからの問い合わせには、メンバーがそれぞれの言語で回答します。 Catalystのコンテンツを翻訳し、Webサイトで公開します。

毎週:毎週の計画イベントやミートアップを開催し、各コミュニティと活動に関する情報を共有しています。

毎月:私たちの支出が報告されます。マルチシグウォレットを使用して、分散型の方法で財務を管理します。

基金別:各地域の有権者、提案者、専門家の数を数えるために、各東部コミュニティで調査が実施されます。

実装の詳細とコスト

予算エリア

  1. 東半球を活性化する毎週のプロジェクト計画会議への出席:20人x2時間x4週間x6か月x $ 15: $ 14,400
  2. 財務管理、進捗管理、監視および報告活動、その他の新会員勧誘活動など:$ 500 x6か月= $ 3,000
  3. 一般的な費用:複数のプロジェクトで発生した費用(ドメイン名、ホスティング費用、ズーム): $ 1,000

合計:(1)+(2)+(3):$ 18,400

▲割引:$ 8,400

請求:10,000ドル

東半球でのCataslytの成功をサポートするKPIを維持するには、将来の資金におけるさらなる資金調達要件が必要になります。

私たちはすでにこの活動を開始しており、この資金が調達されるかどうかに関係なく継続します.45.6%の割引を提供して、より広いプロジェクトのために資金を解放しました。

:東半球での東アジアの起業イベント、ミートアップ、翻訳活動、テーマの設定と管理など、各活動に直接必要な資金は、この提案に必要な資金のカテゴリには含まれません。

知的財産

私たちのコミュニティへの参加は、貢献者規約によってカバーされています。コントリビューターライセンスは、私たちのプロジェクトへのコントリビューションに付随しています。誰かの貢献の著作権は保持されます。この契約は、プロジェクトの一環として寄付を使用および再配布する許可を与えるだけです。

すべてのソースコードは、Apache License 2.0の下でライセンスされています。詳細については、LICENSEファイルを参照してください。

公開されたコンテンツは、クリエイティブ・アトリビューション-非営利-継承(CC BY-NC-SA)ライセンスv4.0の下でライセンスされています。

6ヶ月後

私たちは、東半球および東アジア諸国でのCatalystの参加をファンドごとに20%増やす能力を実証しました。

チーム

共同作業により、チームはカルダノに豊富な文化的および技術的経験をもたらします。私たちは皆、Catalystや、エコシステム全体のコミュニティグループで非常に積極的に活動しています。私たちはカルダノの約束によって団結した多様な集団です:

Yuta Yuta (@yutazz)-日本:カルダノオフィシャルアンバサダー、コミュニティ共同オーガナイザー、Catalyst Fund 2受領者、公認会計士。

Yan Tirta (@yantirta)-インドネシア:カルダノインドネシアのコミュニティラングラーが、地元のコミュニティに教育と励ましを与えています。

Mie Tran (@ mie.tran.0407)-ベトナム:英語および国際ビジネス専攻で、欧米のビジネスおよび翻訳の経験があります。

Andy Sibuea (@zicozibu)-インドネシア:暗号通貨を超えてインドネシア全体でブロックチェーン教育をリードしています。

ティムオブライエン(@tobrien)-ベトナム:ノーコードパイオニア。東アフリカ市庁舎(EATH)のファシリテーター。

Greg Bell (@grebel)-オーストラリア:ITコンサルタント、CatalystChallengesの執筆。

Seomon Blub (@seomon)-オーストリア:持続可能なコミュニティのためのピープルウェアインフラストラクチャに焦点を当てたITコンサルタント。

Robert O’Brien (@wolstaeb)-ニュージーランド:金融システムソフトウェアエンジニア、コミュニティ共同オーガナイザー、起業家。

Stephen Whitenstall (@swhitenstall)-イングランド:Catalystを追跡および文書化します。 CatalystCircleやCatalystSwarmなどのコミュニティの組織化を支援します。

Felix Weber (@felixweber)-フランス:コミュニティマネージャーが人々の間に架け橋を築きます。 T&M Catalyst Circle / Swarm / Schoolのメンバー。

チームは、最初のイースタンタウンホールの信頼できるシードを代表しています。役割もリーダーもありません。むしろ、人々は参加を通じて、時間をかけて自分自身を確立します。私たちは、Catalyst Swarm [1]、Catalyst School [2]、およびアジア全体の他のコミュニティグループと重複して協力しています。

References

[1] Catalyst Swarm

[2] Catalyst School

[3]DAOが財務管理にどのように取り組むべきか

[4] Index CoopQ3財務レポート

[5] FWB DAO財務報告(PDF)

[6] CatalystFund6提出フェーズ分析

3 - Connect East Asian Entrepreneurs(東アジアの起業家を繋がろう)

東アジアの起業家を現地の言語で引き付け、関与させるためのCardanoのイニシアチブはありません。東アジアの起業家のネットワークを確立し、サポートするために、Eastern Town Hall と対象を絞った仮想イベントを開催することを提案します。

Challenge: Proposer Outreach

Catalyst Proposal Badge

予算 (USD): $20,000

問題点

東アジアの起業家を現地の言語で引き付け、関与させるイニシアチブはありません。

解決策

東アジアの起業家のネットワークを確立し、サポートするために、Eastern Town Hallと対象を絞った仮想イベントを開催します。

関連する経験

Catalyst Swarm、Eastern Townhall、CatalystSchoolの共同創設者。 IT&ソフトウェアエンジニアリング。東アジアと日本の教育者と会計士。

詳細計画

私たちは、東アジアの起業家の未開拓の大きな可能性に到達したいと考えています。彼らがいる場所、彼らの国、彼らの言語、そして彼らの文化に会いましょう。Eastern Town Hallは、東アジアの起業家の成長するネットワークを確立したいと考えています。彼らが知識を構築し、情報を共有し、つながり、お互いをサポートできる場所です。グローバルに考え、ローカルに行動しましょう。

現在の問題と制限

何かを突いたり、押したり、成形したりすると、反対側に新しくて面白いものが飛び出したことに気付いた瞬間を思い出してください。私たちは再びここに、そして今回は世界規模でここにいます。私たちCardanoCatalystコミュニティは、新しい考え方のパイオニアです。統治と資金調達の新しい方法。しかし、宇宙にへこみを作るには、起業家が必要です。人々はリスクを冒し、突く、押す、そして新しいやり方を形作ろうとしています。

言語や文化の障壁が存在する場合、起業家に到達することは困難です。地元でも、未開発のスタートアップ資金調達プログラムがあるかもしれません。これは、未実現のスタートアップ資金調達の機会をもたらす可能性があります。Cardanoの機会と技術的、経済的利益を認識している東アジアの起業家はほとんどいません。また、地元の市場機会に対処するためのコミュニティ内でCardano技術を適用する方法についての完全な理解もありません。私たちはそれを変えたいと思っています。

提案されたソリューション:Cardano StartUp Month

この提案は、ベトナムとインドネシアで起業家を育成するために、2022年1月/ 2月に仮想イベントを開催することに関するものです。このイベントは、Cardanoに基づいた市場機会を開拓するために起業家をスキルアップすることを目的としています。

**このイベントの目的は、スタートアップの創設者と分散型自律組織(DAO)の協力者を育成することです。**スタートアップを構築するのではありません!目的は教育です。一般の人々がリスクなしに起業家精神とブロックチェーンテクノロジーにアクセスするためのソフトな方法を提供することにより、経験に基づく学習に焦点を当てています。

イベントは4週間にわたって行われます。

仮想ネットワーキング(第1週と第2週):イベントの最初の2週間は、ネットワーキングに関するものです。登録された参加者を互いに会わせ、彼らのアイデアや願望について話し合います。チュートリアルセッションは、ビジネスデザインツールのスキルアップと習熟を支援するために開催されます。

ピッチとチームアップ(第3週の開始):すべての参加者がオープニングイベントに集まり、個々の参加者が追求したいプロジェクトアイデアの60秒のピッチを与えることができます。人々はチーム参加の選択により、投票します。

学び、働く(第3週と第4週) :次の2週間で、チームは協力し始めます。メンターが割り当てられます。専門家による特別セッションが実施されます。チームは、潜在的な顧客とのアイデアを検証することをお勧めします。 2週間を通して、各チームは4回の30分のピッチセッションを行い、メンターのパネルがピッチとCatalystプロポーザルの改善を支援します。

ピッチ(第4週の終わり) :すべての参加者がクロージングイベントに集まります。ピッチ!各チームは、質問をするパネリストに市場の問題と解決策を提示するために5分間与えられます。提案するには、すべてのチームが提案をCatalystに提出している必要があります。すべてのプレゼンテーションが行われると、聴衆は優勝チームを選びます。賞品が授与されます。私たちは皆お祝いをします!FUND8の終わりに、Catalyst投票者は誰に資金を提供するかを選択します。

このイベントでは、Cardano Blockchainソリューションに焦点を当て、ビジネスモデル生成、顧客開発アプローチ、およびLean Startup、Platform Design Toolkit、WardleyMappingなどの分析ツールの使用に重点を置きます。

FUND8に提案が提出されるまでに、起業家チームが結成され、協力し、顧客テストを終了し、堅牢なビジネスモデルを開発します。

成功したらどうなるか

このイベントは、2022年2月のCatalystファンド8の第2週の終わりに終了する予定です。チームは、作業の一環として、Catalystファンド8に提案を提出します。

イベントの終わりに、少なくとも15チームがプロセスを完了し、Catalyst Fund 8に提案を提出します。個人は、カルダノの旅を続けるための新しいスキル、つながり、インスピレーションでイベントを完了します。

主要業績評価指標

起業家スタートアップ月間、参加者:

  • 少なくとも20チームを形成する100人の個人に到達します。
  • 少なくとも15チームが提案を提出します。
  • Catalyts Fund8 / 9で少なくとも3つの提案が資金提供されます。

イベントの終わりに:

  • 私たちはソーシャルメディアの存在感を1000人のフォロワーによって増やしました。
  • このイベントは、4つの主要なメディアによって取り上げられています。

1か月後:

  • イベントチームが結成され、プロジェクト計画と予算が確定しました。
  • イベントウェブサイトとソーシャルメディアアカウントが開設されました。
  • イベントオンライン登録の設定。
  • イベントプロモーションコンテンツ(ブログ/ビデオ)が開発されました。
  • イベントのPRとプロモーションが始まりました。

2か月後:

  • メンター、ジャッジ、登録はすべて確認されました。
  • イベントが進行中で、実行されています。

6か月後:

  • 最初のイベントは正常に完了し、別の改善されたイベントを計画しています。
  • 3つのチームが、Cardanoを積極的に構築している3つの資金提供を受けたプロジェクトになりました。

12か月後:

  • CardanoStartMonth/Weekは、アジアのCardanoカレンダーで確立されたイベントです。

知的財産

すべてのソースコードは、Apache License 2.0の下でライセンスされています。詳細については、LICENSEファイルを参照してください。公開されたコンテンツは、Creative Attribution-Non-Commercial-ShareAlike (CC BY-NC-SA) License v4.0.の下でラインセンスされています。

予算

計画された活動の詳細な予算内訳については、添付の提案計画を参照してください。

  • コアチーム**$ 10,500 USD:**プロジェクト管理、コンテンツ制作、コミュニティ管理、および管理を含みます。
  • サポートチーム**$ 3,500 USD:**メンター、審査員、特別ゲスト。
  • マーケティングとコミュニケーション**$ 5000 USD:**メディア訪問、インフルエンサーコラボレーション、Google / IG広告
  • 不測の事態(%5): $ 1,000 USD

チーム

共同作業により、チームはカルダノに豊富な文化的および技術的経験をもたらします。私たちは皆、Catalystや、エコシステム全体のコミュニティグループで非常に積極的に活動しています。私たちはカルダノの約束によって団結した多様な集団です:

Yuta Yuta (@yutazz)-日本:カルダノオフィシャルアンバサダー、コミュニティ共同オーガナイザー、Catalyst Fund 2受領者、公認会計士。

Yan Tirta (@yantirta)-インドネシア:カルダノインドネシアのコミュニティラングラーが、地元のコミュニティに教育と励ましを与えています。

Mie Tran (@ mie.tran.0407)-ベトナム:英語および国際ビジネス専攻で、欧米のビジネスおよび翻訳の経験があります。

Andy Sibuea (@zicozibu)-インドネシア:暗号通貨を超えてインドネシア全体でブロックチェーン教育をリードしています。

ティムオブライエン(@tobrien)-ベトナム:ノーコードパイオニア。東アフリカ市庁舎(EATH)のファシリテーター。

Greg Bell (@grebel)-オーストラリア:ITコンサルタント、CatalystChallengesの執筆。

Seomon Blub (@seomon)-オーストリア:持続可能なコミュニティのためのピープルウェアインフラストラクチャに焦点を当てたITコンサルタント。

Robert O’Brien (@wolstaeb)-ニュージーランド:金融システムソフトウェアエンジニア、コミュニティ共同オーガナイザー、起業家。

Stephen Whitenstall (@swhitenstall)-イングランド:Catalystを追跡および文書化します。 CatalystCircleやCatalystSwarmなどのコミュニティの組織化を支援します。

Felix Weber (@felixweber)-フランス:コミュニティマネージャーが人々の間に架け橋を築きます。 T&M Catalyst Circle / Swarm / Schoolのメンバー。

We are working with Venture Centre[1], IdeaFest[2], and Catalyst School[3]; as part of the proposal, we aim to work with Enterprenerdy[4], Emurgo[5], local Universities, and IOG’s Catalyst Team.

References

[1] Venture Centre

[2] IdeaFest

[3] Catalyst School

[4] Enterprenerdy

[5] Emurgo

4 - Connecting Asian Voters and Proposers

言語の違いや文化的独占性が原因で、投票に対する信頼できる情報が不足しているなどの障壁があります。私たちは、現地の言語と文化で、彼らがいる場所で人々に会うことによって信頼できる情報を提供することを提案します。

Challenge: Distributed decision making

Catalyst Proposal Badge

予算 (USD): $15,000

問題点

言語の違いや文化的独占性が原因で、投票に対する信頼できる情報が不足しているなどの障壁があります。

解決策

現地の言語と文化の場所で人々に会うことにで、信頼できる情報を提供します。

関連する経験

Catalyst Swarm、Eastern Townhall、CatalystSchoolの共同創設者。 IT&ソフトウェアエンジニアリング。東アジアと日本の教育者と会計士。

詳細計画

CatalystがFUNDをどのように使うかについての投票は、ADAに長期的な価値をもたらしますが、非常に多くの提案と非常に多くの新しい概念がある中で、どのように投票の決定を下すのでしょうか。あなたが英語を話せないなら、それがどれほど難しいか想像してみてください。より包括的で多様なガバナンスプロセスと戦略を開発すれば、すべてのAda保有者にメリットがあります。 Catalyst CommunityとAdaの所有者が私たちの集合的な認識をレベルアップしない限り、ランダムな投票戦略は十分に研究されたものと同じくらい有効です。

現在の問題と制限

言語の違いと文化的独占性により、ガバナンスイニシアチブがグローバルに拡大することはできません。 Catalystの絶え間ない実験は、さまざまな言語や文化を含めるように注意する必要があることを意味します。1つの文化が支配することを避けます。

不整合なインセンティブ、詐欺、情報過多により、Ada保有者は投票できません。アジアやその他の英語を母国語としない文化では、言語の壁がこれを悪化させています。言語の壁は、Catalystのすべての段階で明らかです。調査結果によると、Catalyst投票の最大の問題は、日本のサポートの欠如(45.61%)でした。回答者の37%以上が、プロセスを理解する上でのこの問題を強調しました。「英語であるため意味がわからなかったので、ランダムに投票しました」。詐欺の疲れと提案と投票者の間の信頼の欠如も強調されました。別の16%は、インセンティブのミスアライメントの問題について言及しました。

私たちのソリューション:Eastern Townhall Goverance Forum

私たちの目標は、投票者と提案者のオンボーディングのプロセス、形式、およびイベントの段階を確立することです。投票者、提案者、提案を近づけるため。それらの間の信頼を確立するため。焦点は、6つの相互に補強する領域にあります。

  1. コンテンツ制作:Adaの所有者が提案に投票することが重要である理由を理解するのに役立ちます。
  2. 東半球のその言語固有イベント:投票者の教育と議論に焦点を当てています。
  3. 提案者がより広い東アジアに到達するのを支援する提案言語翻訳パイプライン
  4. 投票者の認識、関与、信頼を構築するためのステージとしての言語固有のCatalyst SwarmIdeafests
  5. ソーシャルメディアマーケティング:ソーシャルメディアチャネル全体で投票者のコンテンツとメッセージングをソーシャル化します。そして、
  6. 定期的な調査とユーザー調査を実施して、 Catalystと提案フォーマットに対する個々の態度を理解するのに役立てます。

この提案は、投票者と提案および提案者を結び付けるために特別に設計されたプログラムの開発を支援するための資金を求めています。

これらの活動が一緒になって、私たちがEastern Townhall Forumと呼ぶプログラムを形成します。私たちの基本的なイベントは、毎週開催されるEastern Townhall です。しかし、私たちはもっとやっています。私たちは翻訳を行い、コミュニティを構築し、知識を共有し、教育し、起業家を可能にし、Cardanoを成長させています。

Eastern Townhallの信頼できるシードは、Cardanoエコシステムのアクティブな部分です。コミュニティのメンバーに耳を傾け、関与します。私たちが学んだことを共有します。たとえば、 Yutaは最近、この提案が利用している日本コミュニティ[1]に関する彼の多くの調査の1つを完了しました。私たちは、すべてのコミュニティでこれをさらに実行したいと考えています。投票者のユーザーエクスペリエンスの向上を支援したいと思います。集合的な洞察をProjectCatalystにフィードバックします。

Catalystの投票をより利用しやすくすることで、東半球全体の意思決定を改善するのに役立ちます。

成功したらどうなるか

Eastern Townhall イベントへの参加が増え、新しい定期的なコミュニティメンバーの活気が維持されています。より多くのCatalyst提案者がアジアのコミュニティと関わっています。それがアジア市場向けの提案、コンテンツ、またはDAppの単なる翻訳であるとしても。さらに、アジアの提案者は彼らの群衆を見つけます。 Catalystに参加しているアジアの投票者の強力な組織があるので、彼らは資金を調達することができます。調査結果は、提案者との投票者の関与、Catalystプロセス、および投票前の審議の増加を示しています。

主要業績評価指標

パフォーマンスを測定するための主要なツールは、投票者調査です。これらはアジア諸国で定期的に実施していきます。ファンド中およびファンド後の調査に基づいて、次のことを期待しています。

  • アジアの投票者の参加を以前のファンドから30%増やします。
  • Catalystへのアジアの参加を前のファンドから20%増やします。
  • Catalystと投票に関する不確実性は、前のファンドから25%減少します。

Eastern Townhall Meetup は、ADAの所有者やCardanoに興味のある人々がコミュニティのメンバーと会うことができる私たちの主要なステージです。そのプラットフォームとソーシャルメディアを通じて、人々はさらに進んでいくことを学び、快適さを感じます。したがって、主要なエンゲージメント指標は、投票者と提案者をつなぐことに成功したことを示しています。

  • Eastern Townhall Meetup の平均週数は、ファンドごとに25%増加します。
  • *4つの言語(ID、JP、KR、VN)*で利用可能なCatalystプロポーザルは、ファンドごとに50%増加します。
  • Eastern Townhallソーシャルメディアアカウントは、6か月でフォロワーを1000人増やします。

1か月後:

  • *アジアの4か国(ID、JP、KR、VN)*で最初のアジア投票者調査を完了
  • 言語固有のイベント–投票者の教育とCatalyst Swarm

3か月後:

  • 投票者教育ビデオを制作
  • *4つのアジア言語(ID、JP、KR、VN)*で翻訳されたCatalyst投票者資料
  • Eastern Townhalに最初の固有の言語で行われるCatalystSwarmIdeaFestsを開催しました。 (すでにファンド6のテストランが行われています)

6ヶ月後

  • *アジアの4か国(ID、JP、KR、VN)*で6つの有権者調査を完了しました
  • 私たちの活動の回顧展を完了しました。

12か月後:

  • 私たちは、アジアの投票者や提案者と関わるために必要なコンテンツと慣行を取り入れました。
  • 私たちの毎月の調査は継続され、前向きな勢いを示しています。
  • 私たちのコンテンツは、コミュニティのメンバーを引き付け続けています
  • コンテンツとCatalystの資料を、アジア全体でより多くの言語に翻訳しました。

知的財産

すべてのソースコードは、Apache License 2.0の下でライセンスされています。詳細については、LICENSEファイルを参照してください。

公開されたコンテンツは、Creative Attribution-Non-Commercial-ShareAlike (CC BY-NC-SA) License v4.0.の下でライセンスされています。

予算

計画された活動の詳細な予算内訳については、添付の提案計画を参照してください。

  • コアチーム**$ 4,000 USD:**プロジェクト管理と管理を含みます。
  • サポートチーム**$ 5,000 USD:**コミュニティマネージャー/リーダー、モデレーター、通訳
  • グラフィックおよびビデオコンテンツの制作**$ 4500 USD:**教育用ビデオ、ソーシャルメディアのポスター/ビデオ、および翻訳
  • 不測の事態(%10): $ 1,500 USD

ベトナムとインドネシアでは人件費がはるかに低く、より多くのことができます。ただし、これらのコストは、親切な仕事/スキルのグローバル中央値に正規化する必要があります。誰もがベトナム/インドネシアに住んでいるわけではありません。

チーム

共同作業により、チームはカルダノに豊富な文化的および技術的経験をもたらします。私たちは皆、Catalystや、エコシステム全体のコミュニティグループで非常に積極的に活動しています。私たちはカルダノの約束によって団結した多様な集団です:

Yuta Yuta (@yutazz)-日本:カルダノオフィシャルアンバサダー、コミュニティ共同オーガナイザー、Catalyst Fund 2受領者、公認会計士。

Yan Tirta (@yantirta)-インドネシア:カルダノインドネシアのコミュニティラングラーが、地元のコミュニティに教育と励ましを与えています。

Mie Tran (@ mie.tran.0407)-ベトナム:英語および国際ビジネス専攻で、欧米のビジネスおよび翻訳の経験があります。

Andy Sibuea (@zicozibu) - Indonesia: Leading blockchain education beyond cryptocurrencies and across Indonesia.

ティムオブライエン(@tobrien)-ベトナム:ノーコードパイオニア。東アフリカ市庁舎(EATH)のファシリテーター。

Greg Bell (@grebel)-オーストラリア:ITコンサルタント、CatalystChallengesの執筆。

Seomon Blub (@seomon)-オーストリア:持続可能なコミュニティのためのピープルウェアインフラストラクチャに焦点を当てたITコンサルタント。

Robert O’Brien (@wolstaeb)-ニュージーランド:金融システムソフトウェアエンジニア、コミュニティ共同オーガナイザー、起業家。

Stephen Whitenstall (@swhitenstall)-イングランド:Catalystを追跡および文書化します。 CatalystCircleやCatalystSwarmなどのコミュニティの組織化を支援します。

Felix Weber (@felixweber)-フランス:コミュニティマネージャーが人々の間に架け橋を築きます。 T&M Catalyst Circle / Swarm / Schoolのメンバー。

チームは、最初のイースタンタウンホールの信頼できるシードを代表しています。役割もリーダーもありません。むしろ、人々は参加を通じて、時間をかけて自分自身を確立します。私たちは、Catalyst Swarm [1]、Catalyst School [2]、およびアジア全体の他のコミュニティグループと重複して協力しています。

参照

[1] Japanese community Survey August 2021

[2] Catalyst Swarm

[3] Catalyst School

5 - On-boarding East Asia Today!(東アジアの人々をCatalystに連れてこよう!)

数十億の人口にもかかわらず、ローカライズされたコンテンツが不足しているため、Catalystでは東アジアでは過小評価されています。私たちは、東アジアのできるだけ多くの言語でCatalystのドキュメントと提案を翻訳する翻訳パイプラインを設定することを提案します。

Challenge: Multilingual resources

Catalyst Proposal Badge

予算 (USD): $12,500

問題点

数十億の人口にもかかわらず、ローカライズされたコンテンツが不足しているため、Catalystでは東アジアでは過小評価されています。

解決策

東アジアのできるだけ多くの言語でCatalystのドキュメントと提案を翻訳する翻訳パイプラインを設定します。

関連する経験

Catalyst Swarm、Eastern Townhall、CatalystSchoolの共同創設者。 IT&ソフトウェアエンジニア。東アジアと日本の教育者と会計士。

詳細計画

東アジアと東南アジア地域は、文化的および言語的に多様な国々を結びつけています。これらのコミュニティの人々は、Cardanoエコシステムに参加することに興奮しています。人口は16億人もいますが、Catalystは東アジアおよび東南アジア地域からの提案をほとんど見ていません。

現在の問題と制限

東アジアと東南アジアの地域では、英語は日常的に話されておらず、地域の言語のウェブが使用されています[1]。

English Proficiency Index: www.ef.com/epi

言語の壁はCatalystへの参加を減らします。これは、この地域でのカルダノの採用と有用性の潜在的な成長を制限します。私たちはこれを経験し、私たちのコミュニティからこれを聞いています。Cardanoには、私たちのストーリー、エネルギー、そしてCardanoを使用して経済的幸福を高める方法についての見方が欠けていることを私たちは知っています。

提案されたソリューション:翻訳パイプラインと自動化

私たちの目的は、コンテンツ翻訳の合理化されたプロセスを構築および文書化し、ローカライズされたコンテンツの開発を開始することです。 Git、Hugo、GithubActionsを使用して簡単な翻訳パイプライン[2]をすでに設定しています。 Crowdin [3]、Lokalize [4]、PoEditor [5]、GitLozalise [6]などのいくつかの翻訳サービスをEasternTownhallでテストし、整理して経験を積むのに役立てています。

私たちの最初の目的は単純です。半自動システムを使用して、既存の多くのCardanoおよびCatalyst資料を東アジアおよび東南アジア地域の多くの言語に翻訳することです。経験を積み、コミュニティを構築する。私たちが何をどのように行うかを文書化します。

半自動システムとは、機械翻訳を意味するものではありません。機械翻訳は出発点として役立ちますが、専門用語が難しく、自然に読めません。人間による翻訳には常にわずかな利点があります。半自動化されたシステムとは、翻訳のために作品をキューに入れる機能を指します。これには、機械翻訳サービスを介した作品のフィード、誰かによる作業、レビュー、公開が含まれる場合があります。

Kubernetes SIG Docs group [7]によって確立された優れたローカリゼーションドキュメントプロセスを採用および拡張して、サポートを開始します。さまざまな技術スキルと私たちが取りたい将来の方向性に対応するためにプロセスを適応させます。

ワークストリーム

機能的で持続可能な翻訳パイプラインを確立するために、私たちはすでに開始した作業の開発を支援するための初期資金を求めています。資金は5つのワークストリームをカバーします:

  1. 翻訳サービスの評価とそれらの統合:Git、Github、Ideascale、およびCardanoFoundationのMarkdownベースのドキュメント作成の取り組みとの統合。
  2. 翻訳パイプラインの設計、構成、テスト:目標は、追跡が容易で、最小限の監視しか必要としない小規模なプロセスを導入することです。
  3. 翻訳プロセスの文書化とチュートリアル資料の開発:Kubernettes SIG Doc [7]プロセスを採用および拡張して、私たち自身のニーズに対応します。将来の翻訳者をオンボードするためのローカライズされたチュートリアルコンテンツの開発。
  4. トレーナーのトレーニング:Eastern Townhallメンバーとのトレーニングセッションを、他のメンバーをトレーニングできるように、プロセスの能力レベルまで実行します。
  5. 翻訳:ワークフローを理解するには、実践的な調整と経験が必要になります。私たちは、Catalystガイド、コミュニティアドバイザー、投票者教育、および私たち自身の資料を翻訳することを目指しています。それには、言語ごとに時間と労力がかかります。

規模の拡大:学ぶために稼ぐ

真の規模を実現するには、翻訳とローカリゼーションの標準、自動化、スキルを開発して、ローカリゼーションをより広いCardanoコミュニティにアウトソーシングできるようにする必要があります。翻訳とローカリゼーションを行うことは、Cardanoやさまざまなコミュニティにより深く関与する方法として機能します。翻訳とローカリゼーションの作業を行う、つまり学習と稼ぎです。翻訳とローカリゼーションの仕事をして評判を築き、ADAを獲得します。 Cardanoブロックチェーンでメタデータ、ネイティブアセット、非代替トークン(NFT)、機械学習、Atala Prismを活用して、言語と文化の到達範囲を提供する未来が見えます。ただし、最初はシンプルに開始めるだけです。

コラボレーション

コンテンツの翻訳とローカリゼーションは、CardanoとCatalystで活動している多くのグループに共通する一般的な問題です。この作業を単独で、または排他的に行う予定はありません。Eastern Town Hallでは、私たちは多くの言語と文化を管理する最前線にいます。私たちの計画は、自身の目的のために実践と自動化されたプロセスを開発し、それらを広く共有することです。私たちが学び、行うことはすべて、Cardanoのエコシステム全体に情報を提供することを願っています。

成功したらどうなるか

短期的には、Eastern Townhallは、Catalystプロポーザルが完成したときに、それらを翻訳してホストすることができます。アジア地域の4つの初期言語に翻訳されています。資金提供を受けたプロジェクトレポートも統合され、翻訳されています。また、CardanoおよびCatalystの主要なドキュメントとガイドの翻訳をしています。

中期的には、翻訳言語を拡大したいと考えており、Cardanoエコシステム全体で他のグループと積極的に協力してこの作業を行っています。

長期的には、Cardanoネットワークを調整バックボーンとして使用して、ドキュメント、ビデオ、ポッドキャストなどの翻訳と解釈のための分散型ワークフロー全体を確立します。CardanoエコシステムシステムにADAを搭載して獲得する最も簡単な方法の1つは、資料の翻訳、転写、または解釈をサポートすることです(大きな夢を見ても害はありません!)。

主要業績評価指標

Eastern Townhall の計画、編成、文書化にGitとGithubを使用しているため、指標はGithubのアクティビティとエンゲージメントから導き出されます。

主要な指標:プロジェクト速度[8]。Githubから取得したコミットとプルリクエストの基本アクティビティ指標の組み合わせとして定義されます。

アクティビティメトリクス:Githubにプロジェクトアクティビティとしてキャプチャされ、ケイデンスドキュメントが追加され、翻訳の速度が向上します。

コミュニティメトリクス:Cardanoエコシステムで私たちの仕事がどのように広まり、使用されているかを測定するための、Eastern Townhall ウェブサイトの4つのカテゴリ[9]に分類されたエンゲージメント行動。

1か月後:

  • Eastern Townhall のウェブサイト情報アーキテクチャが開発されました。
  • 最初のWebサイトの主要コンテンツが特定され、Markdownに移植されました。
  • Eastern Townhall のウェブサイト全体が翻訳されています。

3か月後:

  • GitPullリクエストによって駆動される半自動翻訳パイプラインを確立しました。
  • 翻訳を簡素化する手段として、さまざまな翻訳サービスを評価およびテストしました。
  • 最初の翻訳プロセスを文書化し、トレーナーをトレーニングしました。
  • ビデオ字幕を含むように翻訳のフォーマットを拡張しました。
  • スキル、言語、および帰属/貢献の追跡のためにNFTを発行します。

6ヶ月後

  • 翻訳を行うために、Cardanoコミュニティのより多くのメンバーをオンボーディングします。
  • コアセットにさらに2つの東半球の 言語を追加しました。
  • チュートリアル資料(ドキュメントとビデオ)は、新しい寄稿者と言語のオンボーディングを支援するために開発および翻訳されています。

12か月後:

  • すべてのCatalystプロポーザルと資金提供プロジェクトは、作成されてから数日以内に翻訳および公開されます。
  • コア言語セットを拡張して、東半球の10言語を含めました。
  • プロジェクト/チーム/企業は母国語で視聴者にリーチしたいので、翻訳プロジェクトは自立しています。
  • Cardanoエコシステムは、ドキュメント管理とその翻訳に関する同様の標準を中心に融合しています。

ライセンス

すべてのソースコードは、MITなどの無料のオープンソース(OSI)ライセンスの下でライセンスされ、寄稿は特許なしで寄稿する必要があります。コントリビューターは、コントリビューターカバーナント[10]に同意する必要があります。

公開されたコンテンツは、Creative Attribution-Non-Commercial-ShareAlike International (CC BY-NC-SA) License v4.0の下でライセンスされます。メタデータの仕様は、Creative Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 International (CC BY-ND 4.0)ライセンスの下で公開されます。文書の識別と出所に関する該当するメタデータ仕様は、Cardano改善提案としていつどこで提出されます。

コード、ドキュメント、プロジェクトアクティビティは、Githubまたは将来的には同様のサービスで利用できるようになります。

予算

要求されたファンド6の予算は、3か月と6か月の費用の賃金です。資金の50%は、私たちがすでに行っている作業と費用をカバーするために遡及的に使用されます。

  • 翻訳サービスの評価/統合:1200米ドル
  • ワークフローの自動化:3000米ドル
  • プロセスドキュメント: 2200 米ドル
  • トレーナーのトレーニング:850米ドル
  • 翻訳:1250 米ドル
  • プロジェクト管理(%8): 1000米ドル
  • ソフトウェアサービスとサーバー:3000米ドル

ソフトウェアサービスおよびサーバーの料金($ 500 x6か月= $ 3,000)には、翻訳を合理化するために翻訳サービス(月額$ 140USDから$ 240USD)を使用する費用が含まれています。 Github;ウェブサイトホスティングと翻訳に必要なサーバー。

この資金は、翻訳パイプラインの設定とテストにのみ関係します。 CatalystまたはEasternTownhallの活動に資金を提供する他の手段のいずれかを通じて、3か月を超えて作業を継続するために追加の資金が要求されます。

チーム

共同作業により、チームはカルダノに豊富な文化的および技術的経験をもたらします。私たちは皆、Catalystや、エコシステム全体のコミュニティグループで非常に積極的に活動しています。私たちはカルダノの約束によって団結した多様な集団です:

Yuta Yuta (@yutazz)-日本:カルダノオフィシャルアンバサダー、コミュニティ共同オーガナイザー、Catalyst Fund 2受領者、公認会計士。

Yan Tirta (@yantirta)-インドネシア:カルダノインドネシアのコミュニティラングラーが、地元のコミュニティに教育と励ましを与えています。

Mie Tran (@ mie.tran.0407)-ベトナム:英語および国際ビジネス専攻で、欧米のビジネスおよび翻訳の経験があります。

Andy Sibuea (@zicozibu)-インドネシア:暗号通貨を超えてインドネシア全体でブロックチェーン教育をリードしています。

ティムオブライエン(@tobrien)-ベトナム:ノーコードパイオニア。東アフリカ市庁舎(EATH)のファシリテーター。

Greg Bell (@grebel)-オーストラリア:ITコンサルタント、CatalystChallengesの執筆。

Seomon Blub (@seomon)-オーストリア:持続可能なコミュニティのためのピープルウェアインフラストラクチャに焦点を当てたITコンサルタント。

Robert O’Brien (@wolstaeb)-ニュージーランド:金融システムソフトウェアエンジニア、コミュニティ共同オーガナイザー、起業家。

Stephen Whitenstall (@swhitenstall)-イングランド:Catalystを追跡および文書化します。 CatalystCircleやCatalystSwarmなどのコミュニティの組織化を支援します。

Felix Weber (@felixweber)-フランス:コミュニティマネージャーが人々の間に架け橋を築きます。 T&M Catalyst Circle / Swarm / Schoolのメンバー。

チームは、最初のイースタンタウンホールの信頼できるシードを代表しています。役割もリーダーもありません。むしろ、人々は参加を通じて、時間をかけて自分自身を確立します。私たちは、Catalyst Swarm [1]、Catalyst School [2]、およびアジア全体の他のコミュニティグループと重複して協力しています。

References

[1] English Proficiency Index

[2] Eastern Townhall Catalyst Fund 6 Work

[3] Crowdin

[4] Lokalize

[5] PoEditor

[6] GitLozalise

[7] Kubernetes SIG Docs group

[8] Project Velocity

[9] Community Metrics

[10] Contributor Covernant